ADVANCE勤怠クラウドをGoogle Chromeでご利用の場合、ADVANCE勤怠クラウドログイン時に「パスワード情報が漏洩しました」とポップアップ表示される事象が報告されていますが、この現象は弊社プロダクト「ADVANCE勤怠クラウド」からログインID、パスワードが漏洩したことを意味するものではありません。

【対処方法】
ADVANCE勤怠クラウドのログインに使用するユーザーID、パスワードのいずれかまたは両方の変更が必要です。

【現象発生の背景】
本現象はGoogle Chrome 12月のバージョンアップ(Chrome 79)にて標準機能に追加された「Password Checkup」機能によるものです。
「Password Check Safety」機能は、Googleアカウントの設定項目であり、デフォルトで有効な設定になります。
そのため、ChromeにGoogleアカウントが設定されている場合、設定変更しない限り有効な設定となります。

「Password Checkup」機能の動作は以下の通りです。
・Google ChromeでWebサイトにログインする。
・ログイン時に使用したID、パスワードが過去に漏洩したものと一致するとき、警告を表示する。

なおADVANCE勤怠クラウドには、「パスワード情報が漏洩しました」というポップアップを表示する機能はありません。

—————————–
【参考】

Googleによるアナウンスは以下をご参照ください。
○Chromeにおけるパスワード保護の強化(2019/12/10、英語)
https://www.blog.google/products/chrome/better-password-protections/
○Password Checkup機能による、データ漏洩からのアカウント保護(2019/02/05、英語)
https://security.googleblog.com/2019/02/protect-your-accounts-from-data.html